イヤイヤ期=脱!イライラ期

先日、イヤイヤ期でお困りのお母さんとお話しさせて頂きました。
「イヤイヤ期」を「イライラ期」にしないで脱出したいですよね。
私、この「イヤイヤ期」というネーミングの撲滅運動を密かに遂行中!

我が家の末娘のイヤイヤ期の脱し方…
 

イヤイヤ期=イライラ期

今朝もうちの子、下着もTシャツも後ろ前に来て登園しました(笑)

2歳7か月女児、「自分で~」となんでも自分でやりたがる年頃。
もちろんお着替えも「じぶんで~」と。

でも、まだ右左や後ろ前の認識が完璧じゃないので、手を貸そうとすると、
「ヤメテー!!」とまさに「イヤイヤ期」(笑)

「保育園行くよー」と声を掛けても、「ヤダー!これ見てから!」
靴を履かせようとしても「ヤダ!じぶんで!!」
「ベビーカー乗ってくれる?」「ヤダー!あるくのー」

と「ヤダヤダ」=「イヤイヤ」のオンパレードなわけですよ(^▽^;)

長女の子育ての時は「もーこっちがヤダわー!!」と発狂していた「イライラ期」(笑)
3人目ともなるとそれも可愛いと思うから不思議。
f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

なんでかなー??
と考えてみたんです。わたしなりに。

そして出た答えは….
 

イヤイヤ期=こだわり期

「保育園行くよー」と声を掛けても、「ヤダー!これ見てから!」
⇒見たいというこだわり

靴を履かせようとしても「ヤダ!じぶんで!!」
⇒自分でやる!と言うこだわり

「ベビーカー乗ってくれる?」「ヤダー!あるくのー」
⇒移動は「あるく」というこだわり

そういう風に見ると、彼女の「こだわり」の面白いのなんの。

洋服を後ろ前に着るのも何らかの「こだわり」なんですよね。
「バックプリントの絵を前にもってきたかった」とか
「(後ろスナップのものでも)ボタンは前にもってくるもの」とか
「せっかく自分で着たものを直されたくない!」etc…

何のこだわりかはわかりませんが、
生命に関わることでもないので、「後ろ前に着ているけどいいのね?」と本人に確認だけはして、そのまま登園しました。

担任の先生も「ハイハイ、そんなのは全然問題ないです(^^)」と受け入れてくださるので、
パジャマで登園したこともあります(笑)

さすがに、保育園以外に外出するときにパジャマや後ろ前は私がイヤイヤ(笑)なので、
「今日はおでかけだから、ちゃんと服着てね。着ないとお留守番ね~」と無理やりお着替えさせることもありますけどね…(^▽^;)
25bd7a8a7d77e6f77f51024b966e96b7_s

イヤイヤ期真っ最中の方はぜひ!!「こだわり期」と言葉を変えてお子様を見てみてください♪
きっとママのイライラも軽減するはず(^^)

大人の視点を変える

子どもは自由でピュアで今を楽しむ生き物です。
だからゆえ、大人には理解しがたいことがいーっぱい。
特に男の子は(笑)
小6の長男はいまでも理解できない行動がいっぱいです。
中2の長女はそれに毎日イライラしてます…

イヤイヤ期もこだわり期だと思って見ればちょっと気持ちも楽になるし、
子育ても「大変」と思ってるのをウソでも「楽しい」と思うようにすると楽しくなってくるからあら不思議。

言葉にはそれを現実にする「力」があると思うんですね。
いつも大変大変って言ってると、「大変な事」にばかり目が行ってしまうんです。

いつも疲れた疲れたと言っていると余計「疲れた気分」になります。

だから、普段使う言葉をちょっと意識してみる。
それは自分を楽しくする方法♡
132794ffe6565d1f7ac45cf4d116846b_s

普段無意識で使っている言葉を変えるだけで楽しくなるなら、変えて損はないですよね?きっと(笑)

だから、「イヤイヤ期」ではなく「こだわり期」が共通言語になりますように♪

ふなみず けいこ
心と身体のメンテナンスReset&Start (リセスタ)代表
リセスタトレーナー
TCS認定コーチ
MCS認定ティーチャー
シンガー
13歳・11歳・4歳のママ

詳しいプロフィールはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です