ダメ親は自主性を育てる

昨日はあえてクエッション(?)で終わってみましたが、自分ならどうかな?
って考えてみて頂けたでしょうか?(昨日の記事は⇒コチラ

もちろん正解はありません(^^)
自分がどんな想いを持って子育てをしているか?をちょっと考える機会にして欲しかったんです。

その「子育ての軸」が子供を育んでいくので、無意識を意識化。

私の子育て法はあえてダメ親になるです(←本当にダメ親って噂もありますが…汗)
1defbb6dcac72490e45e39e27fdfa164_s

本当に子どもの事何もしないんです、私。
さすがに次女(2歳児)に何もしないわけにはいかないので、そこは最低限してますけどね。

小6長女には
「ホント、ママって何もやらないよね。」
と言われるほど(笑)

朝も基本的には声を掛けるくらいで起こしません。
プリント類も自ら出してきたものにしか目を通さないので、提出期限を過ぎたプリントが出てくることも多々。
宿題も「やったのー?やらなくていいのー?」としか言いません。

だって、遅刻しても、忘れ物しても、宿題やらなくても
私は困らないもーん。

ね、ダメママでしょ?(笑)

そのスタンスでいると子どもはママはやってくれないのが「あたりまえ」になるので、何かやってあげると「ありがとう」って言ってくれちゃったりします。

昨日も「健康カードに生まれた時の身長と体重を記入して」と頼まれたので、記入して朝テーブルに置いておいたら、「ママありがとう!!」って。

学校から借りたバンダナを洗濯して干したままにして置いたら(他のものはおろしたのですが)朝起きて自分でアイロンがけしてました。
時間がなくて、使ったアイロンをしまえないと言っているので、「いいよ、ママ直しとくよ」と言うと、
「ママありがとう!」って。

ま、アイロン掛けたバンダナをまんまと学校に持っていくのを忘れて行きましたけど...
それでも学校まで届けたりしません。

なぜなら、
遅刻した時の感情を感じて欲しいから。
提出物を忘れた時の感情を感じて欲しいから。
宿題をやらないとどうなるのか知って欲しいから。

感じて考えてどうするかを自分で決めて欲しいから。

そして、ブーブー言うおうものなら、
「大好きだよ-----!!!」ギュ〜〜〜っとしてごまかすのでした(笑)

ふなみず けいこ

心と身体のメンテナンスReset&Start  トレーナー
13歳・11歳・3歳のママ
シンガー

転勤族の家庭に生まれ、東京・札幌・大阪・アメリカ・仙台・京都と現在までに14回の引っ越しをし、その土地土地で洗礼を受けてきた。
17歳の時、それまで9年間続けてきたバスケットボールを辞め、小さい頃からの夢だった歌手になる決意をする。
高校卒業後は音楽学校に進み、卒業後は歌手として様々なステージに立たせてもらう。
結婚、出産を期に整体師に転職、整骨院、リラクゼーションサロン勤務を経て2009年フリーランスでのセラピスト活動を始める。
2012年、仕事と子育て旦那さんとの関係に疲れ果て精神を病んだことをきっかけにコーチングと出会い学ぶ。
2015年おうちサロン心と身体のメンテナンス「Reset&Start」を開業。
現在はサロンでの施術の他にイベントの企画開催や講座や公演活動、歌手活動も再開し、笑顔のお手伝いをしている。

リセスタトレーナー    
トラストコーチングスクールトレーナー
マザーズコーチングスクールトレーナー

ふなみずけいこ

<取得資格>
・田園都市整体協会認定 整体師
・厚生労働大臣認可(医政第742号)全国整体療法協同組合認定 整体師
・日本健康整体普及連盟認定 整体師
・内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会認定 心理アロマアドバイザー
・日本ライフセラピスト財団認定 コーチ・セラピスト
・MCS認定 マザーズコーチングティーチャー
・TCS認定 コーチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です