感情を作る3つの要素

見方を変える!!というお話しを昨日しましたが、(昨日の記事は⇒コチラ
見方(フォーカス)を変えると気持ちまで変わりませんか?

フォーカス(見方を変える)
a9f94f70575e272eb9520fabb3910093_s
これ、感情を変えるひとつの要素

人は感情の生き物(関連記事は⇒コチラ)と心理学の世界では考えます。

感情が良好なら、日々楽しいし、どんなことにも立ち向かって行けそうな気がしませんか?
自分の感情をコントロールできたら、ちょっといいですよね。


ランゲージ(言葉の使い方)

ふたつめの要素としては使う言葉。
使う言葉によってもひとの感情は左右されます。

「あ〜今日も疲れた」と言っている人は気分も疲れています。一方、
「あ〜今日もやり切った」と言っている人は身体は疲れていても気分は上々!!(笑)


フィジオロジー(身体の使い方)

3つめの要素としては身体の状態。
前記で、身体は疲れていても使う言葉が良ければ気分は上々!!
とありましたが、身体が疲れていなければ、もっと気分は上々ですよね(^^)

身体に状態が感情に与える影響は3つの要素の中で一番大きいとされています。

ドライブで海を見に行く
カラオケで大声で歌って発散
空を見て深呼吸
e711ae8d1347ae7954920b30a4c19030_s

気持ちが落ち込んだ時にこれらをして気分が晴れた経験ありませんか?
これ、身体の使い方を変えたからんですね。
もちろん、この3つを変えても気分が変わらないことだってあります。

でも、知っておくと便利な要素。
これを考えると、子どもの頃の身体を使った遊びにも意味があると思いませんか?

雨のに身体を動かして遊べるこどもの城が閉館して悲しい母でした。
誰かまた作ってくれないかな〜  室内プレイルーム
5c904a1d55f89de69d65e29b3a6bef16_s

 

ふなみず けいこ

心と身体のメンテナンスReset&Start  トレーナー
13歳・11歳・3歳のママ
シンガー

転勤族の家庭に生まれ、東京・札幌・大阪・アメリカ・仙台・京都と現在までに14回の引っ越しをし、その土地土地で洗礼を受けてきた。
17歳の時、それまで9年間続けてきたバスケットボールを辞め、小さい頃からの夢だった歌手になる決意をする。
高校卒業後は音楽学校に進み、卒業後は歌手として様々なステージに立たせてもらう。
結婚、出産を期に整体師に転職、整骨院、リラクゼーションサロン勤務を経て2009年フリーランスでのセラピスト活動を始める。
2012年、仕事と子育て旦那さんとの関係に疲れ果て精神を病んだことをきっかけにコーチングと出会い学ぶ。
2015年おうちサロン心と身体のメンテナンス「Reset&Start」を開業。
現在はサロンでの施術の他にイベントの企画開催や講座や公演活動、歌手活動も再開し、笑顔のお手伝いをしている。

リセスタトレーナー    
トラストコーチングスクールトレーナー
マザーズコーチングスクールトレーナー

ふなみずけいこ

<取得資格>
・田園都市整体協会認定 整体師
・厚生労働大臣認可(医政第742号)全国整体療法協同組合認定 整体師
・日本健康整体普及連盟認定 整体師
・内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会認定 心理アロマアドバイザー
・日本ライフセラピスト財団認定 コーチ・セラピスト
・MCS認定 マザーズコーチングティーチャー
・TCS認定 コーチ

Follow me!

感情を作る3つの要素” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です