「4歳」×「おかたづけ」x「コーチング」

こんにちは、リセスタライターのNanaです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
お正月も終わり、2019年の日常生活がスタートしたという方も多いのではないでしょうか。

我が家の4歳娘は、サンタさんが連れてきてくれた
「リカちゃん」のパパとママに夢中。
3人並べて自分の横に寝かせたりしています。

そして寝る前にガサゴソ。少しの声掛けで翌日の保育園の準備までやり始めました!
「ひとりで準備してるんだー!」というと
「リカちゃんが手伝ってくれてるの。」だそうです。
(おかげで寝るのがかなり遅くなり、朝起きれるか心配…(笑)。)

さて、本日は、年末にお片づけをしたときのお話です。

保育園から持ち帰る大量のお絵描きや工作…。

幼児クラスになると、お絵描きをしたり、
お友達からお手紙をもらったり…。
毎日たくさんのお絵描きや工作を持ち帰ってきます。
みなさんはどうされていますか?

娘が通う園では、先生が毎年作品をまとめて綴じてくださることもあり、
私自身が残したいなぁ、と思った作品については
カメラにおさめていますが、それ以外はあまり保管することに意識を向けていません。

ただし、帰宅直後に「これ取っておく?」と聞くと、ほぼ100%の確率で「うん。」の返事。
落書きにしか見えないものも捨てられず…。

そこで、時々は飾ったりもするのですが
たくさん持ち帰ったものは、いったん保管箱にまとめてとっておきます。

そしてそれがいっぱいになったら
いよいよ仕分けのチャンス!

お片づけの声がけのポイントは…?

楽しく描いてきたお絵描きなど、こっそり捨てるわけにはいきません。
保管箱がいっぱいになってしまったら、
「ここに入るだけ残しておくから選んでね。」と
残したいものを選んでもらうと、減らせることが多いです。

年末にはかなりたまっていて子ども部屋がすごいことになっていましたが、
親がこんなにすてちゃっていいの?と思うほど、簡単に手放しました。

また、断捨離で有名なやましたひでこさんが、
捨てるかどうかの基準=「今の自分にふさわしいかどうか」とおっしゃってたのを思い出し、
4歳用にアレンジしてみたこともあります。

「おねえさんになった〇〇ちゃんに似合うかなぁ?」

ちょうど、1年前に保育園で作ったおままごと用の紙エプロン。
そろそろ手放してもいいかなと思ったので、
「これ年少さんの時に作ったエプロンだけどさ、
お姉さんになったいまのSちゃんに似合うかなぁ?」と聞いてみたところ、
実際に着てみることに。

着てみて本人が「もう似合わない」、と。

「じゃあ、記念に写真撮ってバイバイしようかー。」と
ニコニコ手放すことができました。

新しいものを手に入れる前にするべきこと

新しいエネルギーを受け取るために、
まず何かを手放してみるとよいのは
大人も子どもも同じです。

コップにお水がいっぱい入ったままでは、
新しいお水は注げません。

今の自分、2019年の自分に似合わないものが回りにないかどうか、
私ももう一度見直そうと思います。

 

 

現在リセスタでご提供中のメニューはこちら↓

コミュニケーションスキルを身付け
理想の自分と現実の自分のギャップを埋める
トラストコーチング講座

忙しいママの迷わない子育て
マザーズ(ペアレンツ)コーチング講座 パパも受けられます

手放すことで人生が加速する!
人生のReset&Start
リセスタコーチングセッション

リンパの流れを促進 、気血流を改善し、心も身体もスッキリ!!
オーダーメイドメンテナンス

new!新たにスタートしました!
パートナーシップコーチング(詳しくはお問い合わせください)

Follow me!

「ラクで楽しいていねいな暮らし」に憧れるリセスタライター
〈NPO法人トラストコーチング マザーズティーチャー〉
〈一般社団法人パートナーアソシエイツ協会パートナーシップコーチング 認定コーチ〉
〈一般社団法人ベビーサイン協会認定 講 師〉

小学生と保育園児、一男一女の母。
ワーキングマザー歴もうすぐ10年。
子どもに寄り添った軸のぶれない子育てを目指して日々奮闘中。

*マイブーム:自分が満足する写真をミラーレスで撮ること&夜中にこっそり電子ピアノを弾くこと。
*発酵モノ好き:塩麹、梅干し、おみそを手作り中。
*東京都在住

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です