セタガヤ庶務部2016アワード

”非営利株式会社Polaris(ポラリス)” が運営する ”セタガヤ庶務部” で
賞を頂きました!!

14258226_956342634475351_4367081861062499169_o

非営利株式会社Polaris

「未来におけるあたりまえのはたらき方」を創ることをミッションに、はたらき方の仕組みづくりや組織運営を行っている会社。

雇用形態や労働時間が自分のライフスタイルに合わせて選べる社会を目指して活動している会社で、執行役員は全員「ママ」

女性は出産を期にライフステージが大きく変わります。
間違えなく、単独だった時と同じようには働けなくなりますし、家事と育児という
「やるべきこと」がプラスされます。

子どもを保育園に預けて仕事復帰できればまだいいですが、専業主婦になった時から、社会から断絶された孤独感に襲われる方が多いのではないでしょうか?

バリバリのキャリアウーマンだった方は尚更、誰にも評価されない「主婦業」というものを毎日こなす中で、自分の存在意義が見えなくなる方も多いですよね。

私は運よく子どもが保育園に入れ、週5日働いてましたが、朝は時間に追われ、
仕事が終わってクタクタでお迎えに行って、夕食を作り、お風呂に入れ、寝かし、また同じ朝が来る毎日にいつしか鬱々として笑えなくなりました。

子どものこともかわいいのに、いつもイライラしている…

長女が小学1年生になり環境が変わったことで、精神的なサポートが必要になったことで、もう少し子どもとちゃんと向き合える「心と身体の余裕」が欲しいと思い、
フリーランスになりました。

コワーキングスペース Cococi

そんな時、『緩やかだけど本気で働く』をコンセプトにコワーキングスペース運営をしているポラリスの存在を知り、全国2000箇所にcocociのようのなコワーキングスペースを作るプロジェクト「cococi2000プロジェクト」に参加することにしました。

ビジネスのビの字も知らない私が、「ビジネス」の世界へ一歩足を踏み入れた瞬間でした。

ここからが私の妄想劇場&ジタバタ劇が始まるんですけどね(笑)
それはまた別の機会に…

「働く」って生きることでもあると思うんですけど、「生き方」って人それぞれだと思うんですよね。

ひとりだったり、実家暮らしだったり、夫婦だけだったり、子どもが1人の人もいれば5人の人もいる。
介護中だったり、夢を持っていたり。etc…

環境によって生き方も変わるのに、「働き方」は変えられないってとっても息苦しいと思うんです。

だから、ライフステージに合った働き方、それができる場所があったらいいなって。
特にママという職業の人にはそれが必要だと思ってます。

ママ自身の心と身体、経済の安定が子どもを育てるから。
2cb7f6b1dc7bac120462122f7cfb55bf66266874こんなコワーキングスペース作りたいな~

セタガヤ庶務部

cocociのようなコワーキングスペースを作っても仕事の受注発注、どうやて仕事を提供するのか等々
知らなきゃ行けないことは沢山あるので、まずは自分がセタガヤ庶務部に登録して、お仕事をしてみよう!!
というのが今回の受賞のきっかけでした。

セタガヤ庶務部には様々なお仕事があり、そのお仕事をテーブルの真ん中に置く
そして登録者がそのお仕事を取りに行くスタイル。
時間や場所、自分のスキルに合わせてお仕事ができます。画期的ですよね??

そして、ひとつの案件に対してチームで仕事をするというスタイルも子育てママには嬉しい配慮。
小さい子どもがいると、突然熱を出したり、ケガをしたりと予期せぬ事態が多々起こります。そんな時、チームで仕事を供給していれば、お互いにカバーし合って、取引先企業に迷惑をかけることも当事者のママの心労も減らせますよね。

子育て中の女性が保育園に預けて1日8時間週5日働くか、24時間子供と一緒に居る専業主婦になるだけではない新しい働き方があれば、日本の出生率も増えるのにな。って個人的に思ってます。
そして何より労働に見合った賃金をもらえることもそんな仕組み作りで大切な要素だと思ってます。

セタガヤ庶務部のこんなさまざまな仕組みを参考にリセスタでも「ママが働ける仕組み作り」をしていきたいと思ってます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA