他力本願な子育てでHAPPY+

うちの2歳児のこだわりがハンパない!!(こだわり期についての記事は⇒コチラ

保育園での一コマ。。。

図書コーナーから本を持ってきて、

 

830079b8b017eea5ba886a2be5a820ff_s
「これかりてかえりたい!」

「これ借りたいんだね~」(←マニュアル通り)
「今一冊借りてるから、それを返したらにしようね。」

「ヤダー!!かりたいー!!」

「借りたの返さないと次の借りれないルールなんだよー」

「ヤダ!かりたい!!」

「じゃ、明日借りよう!!」

「ヤダ~!かりるの~」

「・・・」

マザーズコーチング的コミュニケーションを思い出し、あの手この手の言葉掛けをしてみるのですが、待ったっく響かず…(-_-;)

家ではお腹を空かせた小学生組が待っているので早く帰りたい私。

で、考えた「おけい流、引き算の子育て!!」

他力本願 (笑)

「じゃ、先生に聞いてみよう!!」

と、職員室のドアを叩き…

出て来てくれたのは、園長先生。

「これかりていいですか?」
(補足で私が事情を説明)

すると園長先生
「これ、借りたかったの。でも、おうちに1冊あるんだって。だから、これはココで読んで帰って、明日借りたら??明日忘れずに借りたご本持ってきてね。できる?」

と聞かれ、コクリと頷く娘。

そしてそのまま園長先生がその本を読んでくれました。

途中、園長先生との会話を楽しみながら本を読み終え、約束通り本を棚に戻し、

なんとか帰れる運びとなりました。

自分で手に負えない案件は人に託す!

この引き算でハッピー+

のはずが...

 

 

 

続きはまた明日…

ホント、子育ては想定外がいっぱい!!

こんなことがあっても子どもにガミガミ言わなくなったのはマザーズコーチングのおかげかも。

Follow me!

他力本願な子育てでHAPPY+” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA