梅雨に入る前に。。

おはようございます!!

もう6月(@_@)!!

今年もあと半分なんて信じられないですね!!

毎年毎年1年があっという間に過ぎてしまいます。

6月といえば梅雨のイメージがありますが、みなさんは梅雨の時期にダルくなることはありますか??

今年は気温も湿度も高い、蒸し蒸しした梅雨になるそうです!

身体への負担もとても大きくなると思います。

そこで、今から梅雨に備えて身体を整えていけるように、今日は梅雨の時期に「身体の不調が出る原因」をお話ししたいと思います!!

梅雨の天候は


・雨の時間が多い(日照時間が少ない)

・梅雨前線で気圧が下がる

・湿度が上がって、不快指数があがる

が続くかと思います!

これにより身体に起こる変化は。。

①副交換神経が優位になる

低気圧が続くことにより、自律神経、睡眠バランスがくずれていきます。

副交換神経が優位になる=のんびりモード

このこと自体はOKなのですが、1日中しゃきっとすることなく(交感神経が働かず)こののんびりモードでいると、逆に身体は疲れてしまいます。

ダルい、やる気が出ない、眠い。。。
の出来上がり!

普段は交感神経優位の方が多くて、のんびりモードになるのが苦手な方をよくみますが、そういう方は余計キツイですよね(>_<)

②身体の活動量が減る

ダルさから動きが鈍くなる→血流の巡りが悪くなる、冷える。

これにより、肩こり、腰痛、偏頭痛につながり、さらにはストレスを感じやすくなります。

自覚症状はなくても、身体の自律神経は司令塔なのでとても強い影響力があります!!

「頑張ろう頑張ろう!!」とするほどどんどん疲れちゃうかも。。。

③余分な水分が溜まる

湿度が高くなると、身体の中の余分な水分が排出できず、本来汗と一緒に出される毒素も一緒に身体に閉じ込められてしまう。

このことを東洋医学では「水毒」ともいいます!

細胞が膨張してしまうと、神経にも触れやすくなり、ますます痛みに敏感になります。

いらないはずの水分と毒素がたまると、全身だるさ、めまい、手足が冷える、むくみの症状が出てきます。

その状態が当たり前になると、セルライトができちゃいます!むくみもほっておくと本当に危険なんです!!

④炎症物質(ヒスタミン)が出やすくなる

副交換神経が優位になることによる症状の原因でもあるのですが、低気圧になるとこのヒスタミンは発痛物質の元になり、身体の痛みに敏感になります。

このように様々な自然の原因によっても身体は影響を受けます。
これが続くと夏バテ、真夏には更に身体の不調が出やすくなってしまいます!



女性は特にもともと冷えやすい、血の巡りが悪いので、身体の異常が起きやすくなる傾向が!!

早い段階で、今から対策をしておくことで、梅雨も乗り越えられます♬

次週、梅雨のだるさ対策を紹介させてください(*´ `*)

リセスタでもお得なキャンペーンを企画中です(´◡`๑)♡
1度全身の巡りを整えにいらして下さいね♬

ライター:リセスタフィジカルトレーナー 郁実

Follow me!

梅雨に入る前に。。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA