母親ゆずり

みなさんにとって、「お母さん」てどんな存在ですか??

この質問、マザーズコーチングでも最初に必ずやるとっても大事なこと。

 

蛙の子は蛙

最近、子供を見れば親のことがわかるなぁと思うことがよくあります!
やっぱり子供は1番の親の鏡ですよね。

8カ月になった息子を見てると、私がこわい顔ばっかしていると、いつのまにかしかめっ面しかしなかったり。

本当にドキっ!!とさせられています!

私のおばあちゃんはお母さんのお母さん

私には80歳のおばあちゃんがいます。

母方の祖母で、1人暮らし。ちょっと危ないですが、まだヘルパーさんにも頼らずのんびり暮らしています。


認知症
が進んでいることもあるので、刺激になるかもと毎月母と遊びにいって息子(おばあちゃんからしたらひ孫!)の世話をしてもらっています!

母は介護福祉士の仕事をしているので、

認知症やアルツハイマーの人への対応も手慣れたもので、

何回も同じこと繰り返して言ったり

被害妄想が激しくなって、盗まれたって騒いだり

冷蔵庫と冷凍庫がわからなくなって、腐った食べ物がいっぱいでてきても

適切に対処していて、私もとても勉強になります!


例えば、汚くなってもずーっと使いっぱなしなマットやタオルなど、捨てたいものがある時、「これもう汚いから捨てるよ!」だと守りに入って余計捨てなくなるから

これ私にちょうだい」と言って、貰ってから捨てる。
そうするとおばあちゃんは娘が欲しいならと、とても喜んで交換させてくれます!


私だったら良かれと思って勝手に捨てたりしてしまいそうですが、自分の生活やリズムを変えられるのが認知症の人にとって1番のストレス。

やっぱり自分の意思で行動してもらうことが大切なんですね。

人は老いると赤ちゃんに返る

私は小さい頃からおばあちゃんが大好きで、おばあちゃんの家に遊びに行くと帰るのが嫌で泣いていたほどでした。

孫が多いのもあって、会う度に私の名前がわからなかったり
息子が目の前にいるのに、出産したのかと聞かれたりするのが悲しかったりもしました
が今はそれにも慣れました。

さらに考えるのは、自分のお母さんがこんな風(認知症)になったら、私はどう思うんだろう??

お母さんみたいに、おばあちゃんのことを赤ちゃんみたいで可愛いって笑いながら接することはできるのかなーって。

人は産まれてから、赤ちゃんに戻って亡くなっていくって話を小さい頃に聞いていて、実際に息子を見ててその通りだなぁと思うんです。

産まれたては、1人では何もできない。

おむつをしてもらって、ごはんを食べさせてもらって、泣いて訴えることしかできない。

歳をとっても、1人では何もできなくなって寝たきりになって、おむつをしてもらって、ごはんを食べさせてもらう。

赤ちゃんとおばあちゃん赤ちゃんとの違い

赤ちゃんと違うのは、そこに感情や思考があること!

母は、みていてそれがとても可哀想と言っていました。

「恥ずかしい」と何回も謝りながらおむつをかえてもらう。
感情がうまく外に出せなくて急にキレたり、悪態をついてしまったりする。

赤ちゃんは泣いても怒っても何しても、愛情たっぷりに「可愛いねぇ」になるのに、

なんで高齢者は何やっても嫌だ・疎ましい・大変になっちゃうんだろうねぇと

母は何人も色んな認知症や、アルツハイマーを見てきて、時には亡くなっている場面にも出くわす中で、
介護は本当に大変なことだけれど、認知症やアルツハイマーは、もしかしたら、何か嫌なことがあってもすぐに忘れて、毎日穏やかに過ごすための「神様からの最後のプレゼント」なのかもしれないと言っていました。

 

おばあちゃんは、とても穏やかに、小さい頃と変わらない私の大好きな優しい笑顔でいます。

厳格なおじいちゃんと穏やかなおばあちゃんに育てられた母

おじいちゃんは典型的な亭主関白な人で、私も幼いながらに「怖い人」でした。

暴力や喧嘩も絶えなかったそうです。

そんな両親に育てられた母。

見た目はほんわかしてお嬢さんって感じなのに、自立心の塊で、いつでも1人で生きていける強さを持っている人です。

父のことも、悪い意味ではなく、旦那は1番身近な他人だからね!って言います笑

やりたいこと、その時に必要なことがあれば、どんなに大変でも必ずやり遂げます。

仕事人間の私の父は、もちろん家のことは何もせず、働きたいなら家のことを完璧にやれって言う人でした。

自分の仕事・家事・3人の子育てをほぼ1人でやり、おぼっちゃまの父の面倒も見る母の背中を見て育ちました。

私は両親が喧嘩しているところを見たことがありません!

母は、自分の両親が無意味な喧嘩ばかりしていたから、自分は「理論的に話し合う」ことがしたかったそうです。

私はお母さん譲りなんだなーって思ったのが

私も喧嘩はしません。というかできません笑
感情的にぶつかることをしたことがなくて、やり方がわからないんです!

これ言って雰囲気悪くなるのもな。。
私が我慢すればいいことだしな。。
どうせ頼ってもいないし、自分で何とかする方法を考えよ。。
何でも尽くしてやってしまうところはお母さんそっくり!!

それは小さい頃から母親とはそういえものなんだって自然に見てきたからなのかなぁと!

私はまだ1人目で、旦那さんの愚痴をわーわー言ってるのに、母はどれだけのことを1人で乗り越えてきたんだろうと思います。

母がこんなに強くなったのも、

自分の両親がいつも理不尽な喧嘩ばかり、おばあちゃんがいつもひどい目に。

→早く離婚すればいいのに

→おばあちゃんが1人で生きていけないからできないんだ

→私は絶対に誰にも頼らないで生きていける力をつけよう

20歳で家を飛び出してから1万円生活をして、親にも頼らず生きてきたそうです。

反抗期に私も「家でてってやる!!」とか口では言っていたけど、実際やれるかって言われたらその当時絶対無理だったと思います。
すごい覚悟だと思います。

おばあちゃん→お母さん→私→息子

そんな母も、おばあちゃんの影響をとても受けてるんですよね。

男系家族の中で育った私。

男に挟まれて育っているので女の子らしさもなく、反抗期もあって、親とコミュニケーションがとれなくなったり、自分の居場所を見失ってしまって、一時期は絶対こんな母親にならない!!っと冷たく当たっていた時もありました。

でも、今は何でも話せる存在で、私の憧れの女性です。

結婚して、母の強さがわかりました。

出産して、親の気持ちがわかりました。

実際にそうならないとわからないことがたくさんあります。

今こういう風に思えるのも、お母さんの言うことは絶対ではなくて、「お母さんはお母さん」「私は私」の価値観があることがわかったから!


似ているところは多いし、私にとって影響力はとても強いけど、違う価値観、考え方でコミュニケーションがとれるから、1人の女性としてお互いとても楽しいんです!

母が私にしてくれていること、伝えてくれたこと、経験させてもらったこと、同じように私は息子に伝えていきたいなぁ!と思っています!
ライター:リセスタフィジカルトレーナー 郁実

Follow me!

渡辺 郁実

渡辺 郁実
柔道整復師 アロマセラピスト
男の子のママ

私は、「身体の外側はもちろん、内側(心)のケアができて、初めて治療ができる」をモットーに施術をしています。

R&Sに来た方が、「ここに来てよかった」とホッと一息つけて、また元気が出てくるような場所になれるように、精一杯施術させて頂きます!!
どうぞよろしくお願いします!

甘えん坊な息子の子育てに奮闘中です!!

毎日の子育てのこと、身体のこと、心のこと。。。
コラムで何かみなさんに役立つ情報があれば幸いです♪

母親ゆずり” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です