もう間に合わない!遅刻する!そんなときの声かけのコツ

こんにちは、リセスタライターのNanaです。

2学期が始まり、私の周りからはこんな声が聞こえてきます。

「また始まったお弁当作り。ペース取り戻すまで大変!」
「子どもが朝なかなか起きなくって困る…。」

自分ひとりでもバタバタしてしまうのに(笑)、
さらに子どもの準備も加わると、ついつい
「早くしなさい!」
「ごはん食べて食べて!」と言ってしまいがちです。

でも、ちょっと待って。

眠い朝にそんなセリフを自分が言われたらどうでしょう?
あまりやる気は起こりませんよね(笑)

今日は実際自分がやってみて効果があった声かけをご紹介します。

1.急ぐよ、ということをイメージできるように伝えてみる

朝、保育園へ送るとき、時間の余裕がどのくらいあるかによって
園に到着してからのスピードを、自転車→新幹線→ロケットで表現しています。
ちょっと急いでほしいなぁというときに、
「きょうはしんかんせんでおねがいしまーす。」と言ったのが始まりでした。
そしてもっと急いでほしいときはロケット。
(最近では、毎日ロケットになってしまっているのが今後の課題です…!)

2.あとで話は聞くからね、という姿勢を伝える。

すぐに出発したい!そんなときに限って「ねーねーママー」と会話が始まることはありませんか?
話をゆっくり聞けるに越したことはありませんが、本当に時間がないときはそんな余裕もありません。
そんなときは、正直に今は聞けなくてごめんね。あとから聞かせてね、と伝えるようにしています。

 

3.やる気がでないときには…

背中にドラえもんの「ハッスルねじ」をセットしてあげます(笑)。
結構動けるようになったりします…!
何歳まで効果があるかは、その日のご機嫌次第??でしょうか。

いろいろ試してみて、ご家庭にぴったりの方法を探してみてくださいね。

 

もっと親子のコミュニケーションのコツを知りたい!という方には、マザーズコーチングスクールの受講をおすすめしています☆

 


リセスタ公式LINEをはじめました!
お得な情報が確実に届きます!下記から友だち追加してみてくださいね♪

友だち追加